水漏れ修理が必要になったらココ|実績のある業者に相談しよう

意外と簡単な修理が多い

修理業者

パッキン交換だけで解消も

長く生活していくと、必ずと言ってもいいほど水漏れを経験するでしょう。横浜でもトイレで水漏れが発生したと言う方は1年間に何人もいます。横浜で起きたトイレの水漏れ修理でよくある事例の一つが、給水管接続部分のパッキン劣化です。パッキンは、止水栓との接続部分とタンクとの接続部分に入っているので、水漏れが片方だとしても両方交換した方が安心です。それから、トイレタンクの蓋からの水漏れも横浜ではよくある事例です。手洗い器が付いている場合はホースが内臓されていることがあり、それがずれてしまっていたらそれを直すだけで、ホースに異常があれば交換してあげるだけで水漏れ修理が完了します。さらにトイレの水が止まらなくなったケースも多いです。原因のほとんどは、ボールタップやフロートバブルというタンク内の部品の劣化です。これらの部品を交換するだけで水漏れ修理が終わります。反対に水が溜まらないケースもありますが、これは給水管の詰まりによって起こります。ストレーナーというフィルターのゴミなどを掃除だけで解消するでしょう。時にタンクと便器の間から水漏れすることがあります。この場合は間に付けられている密結パッキンの交換によって水漏れ修理が済むことが多いです。そしてトイレが詰まってラバーカップで解消できない場合は、重曹1/4カップ、穀物酢1/2カップ、便器半分くらいのぬるま湯を使ってみます。これらの材料を入れて1時間くらい放置、その後ラバーカップを動かしてみます。これで解消できなければ横浜の水道業者を呼びましょう。