水漏れ修理が必要になったらココ|実績のある業者に相談しよう

水トラブルはどう対応する

工具

水回り修理は、専業の工具や道具が揃っているのであれば、素人でも意外に簡単に修理できることもあります。しかし、素人で修理をすることにより、さらにトラブルがひどくなってしまうこともあります。そのため、修理をする自信がないのなら、速やかに専門業者に依頼するのが得策です。

意外と簡単な修理が多い

修理業者

トイレの水漏れは色々な部分で発生しますが、その多くはパッキン交換で済む場合が多いです。また、トイレが詰まってラバーカップで解消できない場合は重曹などを使います。自分で水漏れ修理できないときは迷わずに横浜の水道業者を呼びましょう。

洗面台の水漏れを直す

蛇口

配水管の水漏れ

手洗いや歯磨きにちょっとした小物の手洗いなど、普段から活躍の機会が多い洗面台だけに、メンテナンスを怠ると水漏れなどのトラブルが発生しがちです。洗面台の水漏れとしては蛇口の周辺から発生する場合と、配水管から発生する場合があります。蛇口の水漏れは分かりやすいですが、配水管からの水漏れはむき出しになっているものでないと一見して分かり難いものです。配水管の水漏れであれば、水を流さなければ被害は拡大しないので慌てて水漏れ修理をする必要はありません。落ち着いて状況を確認してみましょう。まず配水管そのものに亀裂なり穴などがあいて水漏れするという事はあまりなく、パイプ同士の接合部に不具合があって水漏れを起こすのが一般的です。まず接合部のナットが緩んでいる可能性があるので、締め直してみます。注意点としては、無理な力で締めてパイプを壊さないことです。この時点で水漏れが収まればそれで水漏れ修理は完了ですが、治らない場合には接合部の内部にあるゴムのパッキンが劣化している可能性が考えられます。配水管によっては簡単に分解できるものもあるので、自分でも交換用のパッキンを買って修理することも出来ます。ただパッキンにも種類がありますし、自分で探して買うのは手間になります。間違えてしまっても無駄な出費になりますし、買い出しに行っても注文した場合にも結局時間がかかります。また配水管が分解可能かどうかの判断も、素人には難しいかもしれません。そのため洗面台の水漏れ修理を自分で行う場合、ナットの緩みを直すところまでが自分で出来る目安となります。水漏れ修理自体は簡単に直る事が多いですが、無茶をして配水管を破損させてしまったら配水管そのものを交換しなければならなくなってしまいます。とりあえず確認してみて、よくわからないと感じたら業者にいらして修理してもらってください。

早期解決は依頼で実現

水道

立水栓の水漏れは気がつくまでに時間がかかるケースもあるため、早急な修理が必要です。水漏れ修理業者数の多い東京は、依頼がしやすいうえに即日仕上がりも可能です。DIY修理は時間とコストがかかるため、業者に依頼すると良いでしょう。料金が比較しやすく24時間対応のサービスも選択できます。